ほうれい線 たるみ 解消

ほうれい線 たるみ・しわとどのように対処したらよいか?

しわ・たるみを消す方法はあるか?

年を重ねられた方でもしわやたるみなどが気にならない人はどうしてでしょうか?
一度できてしまったしわやたるみ、ほうれい線などは消すことができるのでしょうか?

 

一度ダメージを受けたら、しわやたるみ、ほうれい線は対処療法では簡単に回復しないということなんです。
ですから、しわやたるみ、ほうれい線、長期戦を覚悟して取り組まなければなりません。

 

 

しわ・たるみやほうれい線の原因は何か?

 

しわ・たるみ・ほうれい線の原因は、老化の現れなどという言葉が言われていますが、多くの人がこのような問題に悩み、リフトアップやアンチエイジング化粧品を使用する、しわ・たるみ・ほうれい線をなくすマッサージなど、美容関係の雑誌やTVコマーシャルを見ても、多くのPRがなされていますが、本当にこれらの方法は効果があるのでしょうか?

 

でも、すこし考えてみてください。

年を重ねられた方でも、お肌が若々しくて、ハリがあり美しい方がたくさん見えるのはなぜでしょうか?
年を重ねられた方でもしわやたるみなどが気にならない人はどうしてでしょうか?

 

しわ・たるみやほうれい線の原因

 

しわやたるみ、ほうれい線などもこれと同じような現象が起こっているのです。
お肌の表皮細胞をの下には、真皮層というコイル状の弾力線維層があります。

 

 

これは、コラーゲンとエラスチンという成分でできていますが、とても弾力があり、元に戻る性質があります。
しかし、長い間使用していますと弾力線維層のスプリングが劣化して、弾力を失い弛んだり壊れたりすることによって、しわやたるみが発生します。

 

 

ですから、この原因である弾力線維層劣化が復活すれば、しわやたるみは消えるということになります。
でも、この方法は簡単にはできないのが悩みの種なんですね。

 

 

表皮はすべての細胞がおよそ1カ月でターンオーバーして入れ替わりますが、弾力線維のターンオーバーの周期は4〜5年くらいかかるといわれています。

 

 

ですから、一度ダメージを受けたら、対処療法では簡単に回復しないということなんですね。
このようにしわやたるみ・ほうれい線は、長期戦を覚悟して取り組まなければなりません。

 

長い期間にわたって、常に外部からのダメージを防ぐ方法を実践し、真皮層の新陳代謝が滞りなく行われる環境を維持し続けることが対策となります。

 

しわやたるみと紫外線の影響

しわやたるみの原因は紫外線の影響を大きく受けていることは、よく知られたことですね。

 

しわはどこにできるかといえば、表皮の下にある真皮層という部分の劣化、老化が大きな原因です。

 

 

真皮層は表皮と違い、細胞の層ではなく、細胞が作り出す構造物でできていますが、表皮の10倍程の厚みのある弾力に富む層でです。
真皮の劣化とは、主にこの構造物が水分などをなくして弾力性を失うことを言います。

 

この、構造物とは「繊維芽細胞」と呼ばれているものですが、まさに繊維でつくられた弾力ある毛糸の編み物、あるいは布団の綿のような細胞なんですね。

 

繊維芽細胞は日々これらの組織を日々、分解したり新しく作り替えたりして常に水分を含んだみずみずしいい肌を作っているのです。

 

 

真皮層を作っていいる主たるものが、あの有名なコラーゲンといわれる繊維でできた細胞なのです。この繊維の作り替え周期は4〜5年といわれていますが、このターンオーバーが正常に行われているうちは、ハリのある肌を作り続けることができますが、外部からの刺激や、加齢によって真皮層を作り替えるスピードと、劣化するスピードの差が美肌作りに大きく影響してきます。

 

この、スピードの劣化を早めている原因が「紫外線」がありますが、そのほかにもいろいろの原因があります。

 

そこで、最近注目されてきましたのが、活性酸素なんですね。

 

活性酸素とは簡単に言えば、体内で活動していろいろな細胞と結合して酸化化合物をつくるものです。
つまり、鉄が錆びるように体が、活性酸素によって錆びてしまうのです。

 

 

この活性酸素は弾力繊維を傷めている最大の犯人で、細胞膜の脂質と結合し、弾力繊維をつくる繊維芽細胞を損傷したり、弾力繊維のコラーゲンと反応し、紡がれた繊維を分断し壊してしまうのです。

 

 

活性酸素は紫外線に当たることによって生成されたり、私たちが毎日食べている食品の中にも多く含んでいるものがあります。
ですから、活性酸素の影響は紫外線だけではなくて、肌を酸化させるモノにはすべて注意が必要と言うことですね。

 

 

コラーゲンはしわやたるみ、ほうれい線に効果があるの?

 

最近、特にマスコミやTVなどでよく目にするようになったものに「コラーゲン」という物質がありますが、このコラーゲンはどのような効果があるのでしょうか。
「コラーゲンでぷりぷりのお肌を!」「コラーゲンでしわやたるみを解消!」などというPRが流れていますが、コラーゲンでそのような効果があるのでしょうか。

 

真皮層のコラーゲンとエラスチンという成分等(弾力線維)は、サプリメント食品や化粧品などに使用されているものとは少し違いますから、コラーゲンを食べたり、飲んだりして、あるいは美容液として入っているものを使用してもそのままコラーゲンが吸収されるということはありません。

 

 

真皮層というコイル状の弾力線維層のコラーゲンは線維芽細胞が作りだしている人コラーゲンですから、外部から簡単に補給したりすることは難しいのです。

 

 

コラーゲンが体の中で利用されるようになるには、例えば食用として、サプリとして口から取り入れても、それが直ちに吸収されることではなく、様々なたんぱく質に分解されて利用可能になったコラーゲンが体全体に必要に応じて使用されるのです。

 

化粧品の中には、コラーゲン成分の表示があり、シワや、たるみに効果があるように記載されているものがありますが、お肌に使用しても、保湿成分としては役立ってくれますが、それが直接お肌に吸収されて効果があることはありません。

 

 

紫外線はしわやたるみ・ほうれい線の大敵

 

真皮の弾力線維(コラーゲンやエラスチン)は表皮が正しくターンオーバーをしていて角質層が守ってくれていれば、紫外線の影響をそんなに受けることはありません。

 

 

でも、表皮の紫外線防御が無防備な状態になってしまいますと、紫外線が直接、真皮の弾力線維にダメージを与えてシワや、たるみがどんどん蓄積していきます。

 

このように、しわやたるみ・ほうれい線は紫外線が大きな原因になりますので、常日頃、紫外線を浴びることを避ける習慣は、いつも身につけて欲しいのです。

 

肌のたるみや顔のたるみ・ほうれい線が気になる方 

 

肌がたるんでしまった、皮膚が下がってしまった、シワがとても気になるよになった、など皮膚に関するトラブルはいろいろありますが、「肌がたるんでいる、肌のたるみ」というのは、いったいどの部分がたるんでいて、どのような状態を指すのでしょうか?

 

肌のたるみとは
筋肉の退化と真皮層の弾力繊維が劣化していくことを言います。
肌がたるむ主因は、表情筋の退化・萎縮です。

 

このように、顔の肌のたるみの原因は筋肉が退化していると言うことですから、退化した表情筋が元のように弾力を取り戻して、筋肉が正常な運動を取り戻せば、たるみも治ってくるということです。

 

リフトアップという言葉がありますが、たるみをなくするには退化した筋肉をもう一度鍛えなおして、復活させてたるんだ肌をもとの状態にするということです。
それならば、足や腕の筋肉がたるんで、鍛えなおすというようなことをしても、顔の筋肉を鍛えることはできません。

 

肌のたるみとは表皮のたるみ、つまり肌の張りがなくなっているということです。

 

●肌(表皮)の弾力のベースになっている真皮層の劣化が現れたもの
●肌(表皮)の水分量の減少が見せる肌の姿・表情

 

真皮層の劣化はしわも作るし、肌のハリもなくすということです。
対策の基本は同じですから、肌のハリが気になる方は見直しておきましょう。

 

肌(表皮)の水分量の減少によって表皮がたるんでしまうという場合は、この水分を十分補給して角質層を水分で十分で潤し、水分が長い間体内にとどまるようにすることが、リフトアップにつながります。

 

肌のたるみの改善は、簡単に言えば、正しいい保湿・保護をしてあげることです。
保湿保護が肌の角質層が潤い、肌がピンと張った状態になれば、本当のたるみがあったとしてもたるみなど感じさせません。

 

 

 「たるみ」「しわ」「ほうれい線」対策スキンケア詳細⇒こちら

 

ターンオーバーを正常にするためのスキンケア

 

乾燥肌にしない保護ケアは一年中必要か?

 

油性化粧品による乾燥からの保護ケア、保湿ケアは、常に行っておかなければなりません。

 

基本的に常備しておくとよい化粧品は、乳液、または中油性のクリのいづれかを常備するか、余裕があれば、両方を常に用意しておくといいでしょう。

 

乳液や保湿クリームを使用する目的は何でしょう。

 

乳液やクリームなど油性化粧品の目的は、保湿して整えられた状態を乾燥から守ることです。肌が育つ環境作りにおいて、欠かせないスキンケア商品です。

 

肌を適正な保湿状態を保つことによって、ターンオーバーを正常に保つ
角質層が硬くならないように、しなやかさを維持しターンオーバーの乱れを防ぐ。

 

化粧水の保湿ケアだけで肌の乾燥は防ぐことができるか。

 

最近の化粧水もいろいろな保湿成分の入ったものが増えてきましたので、化粧水をつけると肌がとても潤いが出たような気がします。また、脂性の方は乳液やクリームなどは脂分を含んでいますので、そういうべたべたするものを好まないという場合があります。

 

最近よくいろんなところに出てきますコラーゲンとかヒアルロン酸などのある程度保湿ケアができる製品が増えてきましたが、一時的には肌が潤ったよう気がしますが、コラーゲンとかヒアルロン酸などは肌から直接体内に取り入れることはできませんから、一時的な効果しか得られません。

 

 

肌の表面はいつも乾燥の空気にさらされていますが、化粧水などで水分を補給しても、肌表面だけが高い保湿能によってしっとり感があるだけで、乳液やクリームで、皮脂膜を強化しないと肌の水分はどんどん蒸発してしまい乾燥肌になってしまいます。

 

 

ですから、乾燥を防いで肌のターンオーバーを正常に保つには化粧水だけではできなということです。乳液やクリーム
やはり、油分を含んだ乳液やクリームを使用して、水分の蒸発を防ぎ、肌のターンオーバーを正常に保つことが必要なのですね。

 

クリームや乳液にはどのような油脂成分が使用されているのでしょうか?
植物油、動物油、ロウ類、炭化水素、高級脂肪酸、高級アルコール、エステル類が化粧品の油脂成分として使用されますが、それぞれに特徴があり、それぞれに乾燥からの保護の役目は果たせるものです。いずれが良いというものでもありません。

 

肌の保湿保護をするスキンケア商品

 

○○オイル、○○油など直接油を使用して、乾燥肌を保護するという面では、条件を満たしているでしょう。
でも、オイルのみの場合は、つけた感触や見栄えなどのことを考えると少し物足りないと感じる方もいるでしょう。

 

肌の保湿保護をする乳液とは

 

一般的な方に使用できて、日常生活のいろいろな場合に乾燥から肌を保護することができます。
成分としては化粧品の役割と、クリームの役割を併せ持っているスキンケア商品で、通年を通して乾燥肌になることを防いでくれます。
不満な部分は、汗や水分などで簡単に取れてしまう性質ですから、クリームほどの保湿力や保護力がありませんので、持続性はあまりないでしょう。

 

肌の保湿保護をするクリームとは

 

クリームの中には多くの脂分を含んでいますが、その脂分の入っている量によって、弱油性・中油性・高油性のものに分かれます。
当然、乳液などよりも保湿効果は高くなりますから、乾燥から保護する力も強くなり、水分の蒸発を長時間にわたって防ぐことができます。

 

 

脂分の多いクリームを使うか、少ないものを使うのかは、あなたの肌の状態に合わせて決めるとよいでしょう。

 

肌の保湿保護をするクリーム⇒こちら
べたつかず、感触も良くて、使い勝手がよく、肌を乾燥から守るスキンケア商品⇒こちら

 

 

今話題のスキンケア成分は効果があるの?

 

話題のスキンケア成分

 

1・コラーゲン

 

2・コエンザイムQ10

 

3・セラミド

 

コラーゲンについて

 

テレビやマスコミで話題になると、なんとなく人はそれを欲しくなったり使用したくなるものですね。
それらの成分が本当に効果があるのか考えてみましょう。

 

 

コラーゲンは、最近発見されたのではなくて、かなり以前から発見されて保湿成分として使用されていますね。

 

コラーゲンはたんぱく質の仲間です。

 

人間の体はたんぱく質でできていますが、その3分の1はコラーゲンでできています。
コラーゲンの構造は、繊維がらせん状に絡み合って体の中の弾力繊維層を作るのに重要な役割を持っています。

 

 

この弾力線維層の働きが肌のハリや弾力を保つ秘密です。それだけではなく、毛細血管と細胞とを繋ぐ酸素や栄養素の補給通路、そして貯蔵庫の役割を果たしています。まさに肌を維持している生命線です。

 

 

コラーゲンの一番大切な役割は、真皮層にまばらに存在する繊維芽細胞によって作られる弾力組織を構成しているということです。

 

 

表皮細胞は次第に成長して角質という、肌を外部から守る役割を持っていますが、表皮細胞のターンオーバーはおよそ28日周期で新しい細胞と入れ替わっていきますが、コラーゲン細胞は、表皮とは異なり入れ替われに期間がとても長くて、普通で2〜3年程度、長いものでは4〜5年くらいのサイクルでターンオーバーしています。

 

 

コラーゲンは皮膚組織の弾力やハリのある肌を作るのにとても重要なものですから、コラーゲンが破壊されて弾力やハリのある肌がたるんできても、元の状態になるのに4,5年もかかるということですから、コラーゲンは大切にしなければいけませんね。

 

 

このコラーゲンを大切に保護して、適当な管理をしていれば若々しい肌はいつまでも保つことができるのですね。

 

 

コラーゲンが不足してきてたるみとか出来た時、コラーゲンを補給すれば元に戻るのでしょうか?

 

 

コラーゲン入りの化粧品や食品を、肌に塗ったり、口から取り入れた場合に吸収されて、コラーゲン組織を作ることができて、ハリのある体ができるような気がしますが、コラーゲンの保湿力が角質層に良い影響を与え、しいては真皮層の良い環境にもなるのは事実ですが、真皮層に侵入してコラーゲン線維になることはありません。

 

 

コラーゲンはたんぱく質ですから、食べたりしますとほかのたんぱく質と同じようにいろいろなアミノ酸に分解されて、体内のエネルギーとして使われて、そのたんぱく質の一部がヒト型コラーゲンでできた弾力線維を作りだしています。
ですから、コラーゲンを塗ったり、食べたりしてもそのまま体に吸収されることはありません。

 

 

肌の潤いを保ち、つややかでハリのある肌を作るには、バランスのある食生活が一番大切なことです。

 

 

コラーゲン線維はどんな時に破壊されてしまうのでしょうか?

 

コラーゲン線維は表皮部分にはありませんから外部環境の影響をあまり受けないような気がしますが、紫外線だけは内部まで侵入して、コラーゲンの組織を破壊してしまうのです。

 

紫外線と聞きますと、夏のギラギラする太陽を思い浮かべる方が多いでしょうが、実は、まったく、自分自身で自覚がない紫外線が私たちに常にさらされているのですね。

 

例えば、窓越しに入ってくる朝日や夕日は柔らかい光ですから、日焼けもすることもなく、肌が、赤くなるような自覚症状がありませんが、無防備な肌が陽を受けると、紫外線は一瞬のうちに真皮層まで侵入し、コラーゲン線維の酸化破壊をじわじわと進行させています。

 

しわや、ハリのある肌を守るためには、コラーゲンを塗ることや食べることより、紫外線からコラーゲン線維を守ることがしわや老化の最大の予防法なのです。

 

 

コエンザイムQ10は肌の保護や保湿にどのように効果があるのでしょうか?

 

コエンザイムQ10とは、簡単に言えば酵素の一種です。

 

コエンザイムQ10はユビキノンという補酵素といわれるものです。コエンザイムQ10(ユビキノン)は、エネルギーを作るのに必須の物質です。
補酵素は細胞の代謝活動を助けて生命維持に大きな役割を持っています。

 

 

コエンザイムQ10は、筋肉を作りあらゆる臓器の活動に大きくかかわっています。

 

 

では、このコエンザイムQ10がなぜ注目されているかといえば、コエンザイムQ10が持つ抗酸化作用が利用されているということです。

 

ですから、コエンザイムQ10は肌に効果があるよりも、体の機能を元気にさせる効果のほうが大きいようですね。

 

 

コエンザイムQ10は、肌表層の酸化防止に役立つスキンケアです。

 

 

でもそれは、肌の大切な環境を少しでも良くする効果の一つに過ぎないことを知るべきですね。

 

このようなことから、体の健康とハリのある肌をつくのには、コエンザイムが特に効果があるというのではなくて、多種多様な酵素やビタミン類から成り立っているということです。

 

3・セラミドは肌ケアのどのような効果があるのでしょうか?

 

 

このところ、特に多くのマスコミや雑誌で話題になっているのが、セラミドといわれるものです。
セラミドとは、どのような働きをしているといえば、肌を外部刺激から守る角質層を作るのに大きな役割をもっています。

 

 

肌の表皮は、角質層という硬い細胞組織で外界からの刺激や有害物質、紫外線などから守られています。そのバリアーは角質のみではなく水分の蒸発を防ぐために、角質と角質をセラミドといわれる接着剤でくっけて、角質層を形成しています。

 

 

このような構造の角質層ですから、肌からの水分蒸散を防ぐだけでなく、外部からの汚れや細菌、化粧品成分等々の不用意な侵入を防いでくれています。

 

 

このような役割を持った「セラミド」ですが、不足しますと角質層が正常に働かなくなりますので、補給しなければいけませんが、外部からセラミドを補給すれば、吸収されるのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、セラミドは外部から肌に塗ったからというって、角質間を結び付けるセラミドとしては働かないということです。

 

 

ただ、セラミドは、保湿効果が非常に高いですから、乾燥から肌を守る油脂成分の一つとして使用すれば、肌の水分の蒸発を防ぎ
クリームと同様、肌を覆い、乾燥するのを防ぐ効果はあります。

 

 

「たるみ」「しわ」「ほうれい線」対策グッズ

 

「たるみ」「しわ」「ほうれい線」の解消対策t歩して、今までは化粧品や、エステ、美容外科などの方法がありましたが、特に、顔のたるみや、シワ、ほうれい線は顔面の筋肉が加齢によって起こっています。

 

 

ですから外部からの解決ではなくて、内面の筋肉に注目した解消法がいろいろな対策グッズが発売されてきました。

 

株式会社MTGから発売されている 「フェイシャルフィットネス PAO(パオ)」はいま最も人気のある顔の筋肉を鍛えるグッズですが、その効果のほどはどうでしょうか。

 

 

【 FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ) 】は、早稲田大学との共同研究で、パオによる一定の運動が、表情筋を鍛えることが分かったそうです。新しい生活をスタートしたばかりとか、自分改革したい!という方は新しいしわ、ほうれい線対策として、お試しになるのもいいかと思います。

 

 

フェイシャルフィットネスPAOには女性の悩みを解決する、うれしい効果があるという口コミがたくさん寄せられていますが、あの形、使い方をみてPAOを不思議な物体としか思っていない人が日本中の90%以上を占めているようですね。

 

 

「フェイシャルフィットネスPAOを使って何に効果があるの?」こう思っている人は多いはずです。

 

●ほうれい線
●フェイスラインのたるみ
●口角の下がり

 

 

こういったことに年齢とともに衰えてくる顔の悩みを抱えている女性はとても多いと思いますが、どのような効果があるのでしょうか。
そんな悩める女性は多いのに、今までほうれい線や顔のたるみやシワに効果がある商品っていうと、化粧品やエステなど、外からのケアばかりでしたね。

 

でも、フェイシャルフィットネス PAOは体の内側、体の中から顔の筋肉を鍛えて、ほうれい線やフェイスラインのたるみ、口角の下がりなどに効果があるようです。

 

体の筋トレってするけど、顔の筋トレっていうのはやっている人はほとんどいません。
でも、顔の筋肉を鍛えることで、ほうれい線や顔のたるみやシワになどに効果があるということですね。

 

[ PAOの3つの特徴 ]
1.効率的に負荷を集中   最適な負荷を口元に集中させ、小さな力で大きな負荷を生むように徹底的に研究しました。
2.左右均等運動   左右対称にバランスを保つ構造のため、左右に偏りのない運動を可能にしてくれます。
3.続けられる「楽しさ」   見ているだけで試したくなるようなユーモアな動きと効果を実感出来る楽しさが特徴です!

 

 

老化サインの出やすい口周りの筋肉を鍛える⇒こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。